TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

メタリズムXXI

2017年 09月28日 03:22 (木)

さて、こっち関係もまとめていかなければ・・・。
何せまだまだ紹介できてないバンド・アルバムが目白押しなのでw


イン・ディス・モーメント「ザ・ドリーム」(2008年)

2005年、アイドル級のルックスを持つボーカルのマリア・ブリンクとギターのクリス・ハワースを中心に結成されたヘヴィ・メタル・バンドの2ndアルバム。
私はこのバンドについてまったく知らなかったため、今作のみの感想。
紅一点のボーカリストであるマリア嬢は、本来クリーン・ボイスとデス・ボイスを使い分けているようだ。このバルバムではデス・ボイスはほぼ封印され、高音で伸びのいいクリーン・ボイスをメインに歌っている。
サウンドの方は、若干80年代の雰囲気を感じさせつつも、基本的にはアグレッシヴなハード・ロック/ヘヴィ・メタル。
各曲どれも起承転結がはっきりしており、歌メロも非常にキャッチーで聴きやすく、おまけにそこそこコンパクトにまとめられている。この聴き手に歩み寄った作りはアマランスにも通じるものを感じる。
ハード・ロックからバラードまで、すべての楽曲に離陸するジェット機のような力強い飛翔感があり、より高みを目指そうとする彼らの心情が現れた力作に仕上がっている。
aew444490 (6)

どの曲も素晴らしいので、今回は2曲ご紹介。

「オール・フォー・ユー」


「バイオレット・スカイズ」

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年09月30日 06:36

オール・フォー・ユーの方が全然メタルっぽくなくて、なるほど・・・こういうのも有るのかって思ったら
バイオレット・スカイズ聞いて驚いた・・・いつも思うんですが、ボーカルの方って二重人格かと思うほど歌に合わせて声質も勢いもガッツリ変えてきますね、流石はプロです、そして激しい(;´Д`)

No title

2017年10月01日 03:06

シープネスさん、こんばんはー

バラード系は初めてでしたっけ?
メタル・バンドには名曲と呼ばれるバラード曲はけっこう多いです。

この方はバラードもメタルもどちらも完璧に歌いこなせるテクニックを持ってますね。
クリーン/デスの切り替えは本当に二重人格みたいですよね~。
そして実にお美しい方でいらっしゃる。アリス服みたいな服装も似合う可愛さも持ちあわせてますね!