TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

異次元の質量

2017年 10月06日 03:34 (金)

またしても一週間放置してしました・・・・w
言い訳ではありませんが、こっちも私生活でメンドクセーことが本当にたくさんありまして。
(そのほとんどが本当に取るに足らないくだらないことばかりでウンザリ)
家族が私の水筒(あ、仕事に持ってくやつね)のパッキンをしっかり嵌めておかなかったためにバッグの中で水筒が倒れてデジカメが水没して丸々3日ほど使えなかったりしたので、ネタを用意することもできなかったわけですが。

さて、気を取り直してまいりましょうか。
まず、90cm水槽に送り込んだレオクテ氏。

ナマズ水槽とは次元が異なる質量差のある魚ばかりの環境に置かれたにもかかわらず、ナマズ水槽にいた頃とまったく変わってませんw
ただ、マーブルグーラミィのような攻撃の対象となる相手がいなくなっただけのようです。
afh809212 (1)

これだけの体格差がある連中ばかりの中でしっかり餌を食えるのだろうかと危惧しましたが、底に落ちた餌をナマズ連中の隙間を塗ってヒョイパクヒョイパクやっているので大丈夫そうですw
afh809212 (2)

うむ。報告すべき事柄がまったくないですねww まぁ、今のところは順調ってことで!

これではそのまま終わってしまうので、報告ついでに久々にこいつについても触れておきましょう。
上にもちょっと写ってますが、アポロですよアポロ!
afh809212 (3)

いつの間にかレオクテよりずっとデカくなってらぁ!

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年10月08日 10:54

こんにちは~
未だ仮定なのですが、レオクテに限らずクテノポマって”防衛戦が前提”なのではないかと考えております。
今は亡きモリアーティの喧嘩を見る限り、確かに外敵は誰彼構わず死ぬまで追い詰める攻撃の容赦のなさは有るんですが、基本的にゴンベエが自分の入れない隠れ家に引っ込むと勝利のダンスを見せつけて、後は無関心に戻るのです(;´・ω・`)

相手が死ぬまで追い詰めなければならないような状況か、同居魚を完全に敵として認識するような事態が無ければ、近縁種でも普通に混泳出来るのではないかと思うのです・・・
事実、ベタとファスキオラータムは混泳出来てますし、ゲオ・レオクテ・クラウンローチでも混泳出来てました・・・観察とレイアウト、そして個体の性格次第では、クテノポマ複数でも普通に混泳できそうです(;´・ω・`)

No title

2017年10月09日 21:30

レオクテさん、新しい環境でも上手くやってるみたいですね
そして何気にオルナティさんが面白い体勢にw

アポロも少し見ない間にシュッとしたというか大人びたように感じます
ピンクテールカラシンにも近づいてきたような気も・・・

No title

2017年10月10日 01:10

シープネスさん、こんばんはー

>防衛戦が前提
どうなんでしょうね?レオクテ飼育に関しては二度目なので私にはまだ何とも?
顕著なのは似たような体型の魚に対しての攻撃ですが、複数飼育の場合は争いが相殺されて上手くやっている例もありますね。特にショップの水槽などを見ると。
クラウンに関しては、我が家では攻撃の対象になることは一度もありませんでした。
結局はもっと強い魚に殺されてしまったわけですが・・・。

No title

2017年10月10日 01:13

エイひれさん、こんばんはー

シノドンは体高があるので、横になっていた方がラクなのかも知れません。もっといいシェルターを調達してくる必要があるかしら?

レオクテは特に臆することなく普通に生活してるので、もっと早k移動させてもよかったかも知れません。

アポロ、デカくなってますw
というか、あまり餌を食ってる姿見ないんですけどね、コイツ。
細長い体型なので気付きにくいんですが、ピンクテールとそう大差ない全長になってきて、ちょっと心配しておりますw