TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

精彩を欠いて

2017年 10月29日 03:15 (日)

出向記事の続編なりよ。
ビッグアイさん、あれからどうなったのよ?と心配な方のために彼の分も書かないとね!
afn55555557 (2)

モグルンダ1匹いなくなっただけで一気に精彩を欠いてしまったこの水槽。


しかし、隠れたスター、ビッグアイさんがいるからそれでいいのだ!

見てのとおり、大変元気でございますよ!
フラッシュの反射で体まで輝いてますわ!
afn55555557 (1)

胸鰭の欠損が治るのはいつ頃になるかわからないけど、早く元のカッコイイ胸鰭に戻って欲しいな。
やっぱりシュッとしたシルエットが魅力だからね~、彼は。
afn55555557 (3)

ついでに飼育レポートもしておくと、食欲旺盛で餌はズンドコよく食べます。
afn55555557 (4)

体つきも導入時とは比べものにならないくらいガッチリしました!
ちょうどいい感じにレモラと交差している瞬間が撮れたので載せちゃいます!!
afn55555557 (5)

全長はレモラとほぼ同じで10cmちょいってところでしょうか。
もう少し大きくなりそうな気がするけど、だいぶ緩やかになってきたので打ち止めが近いかも知れません。
afn55555557 (6)

同じような種類がいくつか存在して、中には大きくなるのもいるようだけど、うちのはどうやら小型種らしい。
それが(確定ではないけど)わかってホッとしてます・・・w

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年10月29日 13:16

スパイニーイールのお腹の下を通ったり、
レモラキャットと行き違ったり、
やっぱり行動は普通のナマズらしく他の魚を意識しないタイプですよね・・・
攻撃されるとスイッチが入るんだろうか、この子もギギ科らしいですし・・・混泳相手に要注意ですね、特にキングスレイ(;´・ω・`)

No title

2017年10月30日 06:43

お互い干渉しないのは成熟してないからですかね?
それにしてもレモラキャットと比べると
その瞳の大きさがアンバランスで可愛いです^^

No title

2017年10月30日 21:57

最初の写真を見た時にゴツくなったように感じたのですが
やっぱりゴツくなってますよねw
確かにモグルンダがいなくなると派手さは無くなりましたが
私はこの地m・・・シブイ感じが好きですよ~

No title

2017年11月07日 01:18

シープネスさん、お返事遅れてゴメンナサイ。

ビッグアイについてですが、レモラや他の底層魚とは何の問題もないので、たまたま気が荒くなったモグルンダとは合わなくなったのかも知れませんね。
無害な相手には無害ですが、危害を加える相手には危害を加える性質なのかも?
ただ、案外攻撃力は強いので、ケンカを仕掛けたモグルンダの方が倍返しされるという結果になりましたがw

キングスレイの今後次第ではまた争いに発展する可能性はありますが、現在のところお互い無関心なので大丈夫そうですね。
もう、同じアフリカ出身なんだから仲良くしてちょうだい!!ってのが本音ですw

No title

2017年11月07日 01:21

ねじねじさん、こんばんはー

ビッグアイの方は、サイズが10cm超えですので、そろそろ成熟期に入ったように思いますが、モグルンダ以外とのトラブルはまったくないですね。強いて言うならシェルターの取り合いですが、それは他のナマズと同じレベルですね。

ギギ科って、目が大きい種類が多いような気がするのは私だけでしょうか?
マウスフィンキャットも何気に目はデカイですしw

No title

2017年11月07日 01:25

エイひれさん、各記事マメなコメント感謝です!

思えば最初は腹が引っ込み気味で心配でした;
気付けばずいぶんと立派な体格になったもんです。
ビッグアイを渋いと捉えるか、地味と捉えるかでナマズ好きの資質を測る大きなポイントになりますよねw

でも、ノーマルのアクアリスト=地味、我々=渋いこの差は埋まりそうもありませんw