FC2ブログ

TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

メタリズムXXⅨ

2018年 06月09日 01:35 (土)

3月9日はミクさんの日、そして6月9日はロックの日。こんなの5億年前からずっと言われてきたこと!
というわけで、今日は特別企画・・・ってわけでもないかもですが、メイド服の彼女たちが再び登場。


BAND-MAID「WORLD DOMINATION」(2018年)

ライブを「お給仕」ファンを「ご主人様」「お嬢様」と呼ぶ5人組ガールズ・ハード・ロック・バンドのメジャー2ndアルバム。
前作「Just Bring It」からわずか1年という比較的短いスパンで今年2月にリリースされた。
タイトルはズバリ「世界征服」。思い切ったタイトルだが、実際に海外での人気も高い彼女たちならもしかしたら不可能ではないのかも知れない。
自分の限界を超えようとするかの如く歌い上げる彩姫のボーカルが印象的なスリリングなアッパー・チューンから幕を開ける本作は、前作よりも大幅に進化を遂げている。
前作で見られたような彼女たちお得意の疾走曲は変わらずに、ベースとドラムのグルーヴを生かしたミドル・テンポのヘヴィ・チューン、80年代の雰囲気を感じさせるハード・ロック、アコースティック・ギターを効果的に使用したしっとりしたバラードまで、楽曲の配置が上手く、これだけバラエティ豊かな内容でも散漫な印象は皆無。前作の流れからするとかなり大胆な変化だが、どの曲も、しっかりBAND-MAIDの楽曲としての輝きと存在感を放っている。
なお、初回盤BDには、昨年11月に行われたワンマンライヴ「お給仕ツアー AUTUMN-WINTER 2017 「燃えるの?萌えないの?どっちなの?!」STUDIO COAST」の模様を収録した豪華な内容。
なお、過去にインディーズ盤として発売されたミニ・アルバム「MAID IN JAPAN」にボーナス・トラック2曲を追加した再発盤も同時発売された。
ahp90887 (3)

DOMINATION


DICE

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2018年06月11日 06:24

久々に聞きましたがやっぱり声のキレが凄いです。
軽めなんですが悪い意味じゃなくむしろ軽やかで鋭い独特な歌というか、メイド服といいこのボーカルの方の声といい、日本らしさが出ている感じです(´・ω・`)
ロックって暗めの雰囲気で重く、深く、激しくってイメージが先行しますが、日本じゃそんなのひっくり返しちゃうぜ!、みたいな?

これだけ長い時代愛されてきたロックから、さらに新しい世界を切り開くってスゴイですよね。
私も見習ってメイド服でアクアリウム解説を・・・ウソです( ´Д`)

No title

2018年06月23日 18:00

シープネスさん、お返事書いたつもりが、どうやら忘れていたようです、ごめんなさい。

ハード・ロック・バンドの女性ボーカリストとしては理想的な声してますよね、彼女。
程よく高音が出て、程よくハスキーで、鋭くてキレがありますよね。
海外のアニメイベントにも出演しているそうなので、そっち方面からのファンも多そうです。
そういう意味でも、クール・ジャパンの進化した形のひとつなのかな?と思ってみたり。
でも、サウンドは本格的なハード・ロックなので、往年のメタル・ファンからも支持されそうです。演奏も申し分ないですし。

アルバムひと通り聴くと、ヘヴィなサウンドの比重が多くてガツンとイケますよ♪