FC2ブログ

TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

09月 « 2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

恐怖の急降下

2018年 09月15日 15:40 (土)

さて、一週間振りの更新ですが、いかがお過ごしでしょうか?
連休も最終日ですが、来週も三連休じゃないですか!! 特別何かがあるわけじゃない休日ですが、怠惰に過ごすことを夢見て辛い四日間何とか乗り切ってやっていきましょう!

で、アクアリウムの方ですが、まぁ色々ありましたよ;
最悪な出来事から意外な出会いまで。とりあえず嫌な事から書いてしまいましょう。

記事タイトルにもあるとおり、この数日間の間でいきなり気温が低下しましたよね。
秋めいてきたか?なんて思っていたらそれを通り越して肌寒いという・・・。それを過ぎたら今度は再び暑くなり、そろそろ解禁じゃ!と意気込んで買ってきたチョコレートが今日は溶けかかっております;

気温が急降下した時、私は無加温飼育している魚たちのことをすっかり失念しておりまして。
私が気付かずにいる間に、ドジョウ水槽水温低下→みんな活性下がる→それに気付かずいつも通り餌やり→食べ残しで水質悪化→水温低下でゴールデンアップルスネール死亡→さらに水質悪化→ドジョウ死に始めるという悪夢が起こり、ようやく気付いた時は既に時遅し。
大将に迫る勢いで成長してきていたマドジョウ一匹、シマドジョウ1匹がエロモナスで死亡。残ったマドジョウとシマドジョウも明らかに様子がおかしかった。
これはヤバイ!と慌てて水換えした結果、翌日には何とか騒動は収まり、いつもどおりの日常を取り戻しました。これ、気付かんかったら全滅なんてことにもなりかねなかった。

水は腐敗臭を放ち、魔女のスープみたい。
もう写真で見せられないほどの惨状。ピンボケでちょうどいいよ・・・。
ajl9999 (2)

前回水換えしなかったことも手伝って、ろ材はドロドロ・・・。こりゃ交換だ。
ajl9999 (1)

天候不順で光が当たらなかったこともあり、アナカリスも短期間ですっかり色褪せてこのザマ。
ajl9999 (3)

翌日、水換えによる濁りも消えていつもどおりの日常に。
ajl9999 (4)

二匹いなくなっただけでずいぶんと水槽内が広く見えますね・・・・。こうなるとすぐに後続の追加を!と思ってしまうのがアクアリストの性ではありますが、余程これだ!と思った個体以外はお迎えしない方がよさそう。
ajl9999 (5)

残飯だらけで腐海みたいな底面でも、せっせと餌を食べていたのはヒドジョウだけだった。
ajl9999 (7)

これから秋にかけて水温の変化が激しくなりそうなんで、気を付けないといかんよな・・・。
ajl9999 (8)
これを読んだ皆さん、無加温飼育してる魚にはくれぐれもご注意を。

テーマ : 淡水魚
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2018年09月18日 18:07

これは・・・ご愁傷様でした。

完全に個人の感覚+感想ですが、
温度変化に弱い子は、1時間で水温がプラスorマイナス2度変化する程度でも警戒域だと考えています。

そして水温の上昇より低下の方が惨事を起こす場合が圧倒的に多いです・・・

初心者の頃はコリドラスの治療で26℃の水槽に居た子を28度の隔離水槽に一時間程度の水合わせだけで移動させたりとか・・・今の自分が見たらブン殴るような治療もやりました。

それでも助かる子も居ましたし、コリドラスは割と短期間の温度上昇に強い感じです(30℃までなら)(; ´Д`)

No title

2018年09月25日 02:35

シープネスさん、お久し振りです!

初心者の頃・・・。まぁ、今でもそれに毛が生えた程度のレベルですが・・・。確かに考えられないようなことたくさんしましたね~。
しかも案外魚がもちこたえてしまったりして「何だ、こんなんでいいのか」なんて本気で思ったものですw

35℃近くの真夏の屋外に小瓶に入れたコリを放置→そのままひと晩忘れるなんてこともやりましたが・・・平気でしたw しかも病気治ったしw まぁ、たまたま色んな偶然が重なっただけなんでしょうけどw

No title

2018年09月26日 00:10

どじょうはエロモがホント怖いですね。
もう生餌にする場合はキープしないでほぼ与えきることにしました。

そしてほぼ29℃台の室温、温度変化幅ほぼナシでカラプロ白点とか……

No title

2018年09月26日 02:39

YMNさん、こんばんはー

今回は初のケースだったんで驚きでしたね;
もうね、こうも気温の変化が極端だと手も足も出ませんよ・・・。
あの時、いつもの量よりちょっと控えめに与えていればこんなことにはならなかったんでしょうけど、あとの祭りというやつで。

生きた餌をそのまま与えるのって、もう覚悟ですよね。
寄生虫云々は与えてから見付かる→治療みたいな。

カラプロ、白点になりやすい魚なんですかね?
うちのはヒータークラッシュで5℃ほど水温下がってももならなかったんですけど??