FC2ブログ

TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

久々マンガ祭り

2018年 10月14日 15:19 (日)

こっち系統の記事書くのも何だか久し振りですね。
最近は他のことやったりしていたんで、実は購入しても一部読まないまま積んであったりもしますが、そのうちまとめ読みしてやろうと思っております。しかし、買ったマンガのまとめ読みってけっこう贅沢だな!

ではいきましょうか。
アニメの方も個人的にはなかなか楽しめた「ちおちゃんの通学路」。
9巻出たーッと喜んだら何と最終巻・・・。
ちおちゃんと安藤が付き合うことになったり、この展開まさか?と思ったらしばらくして連載終了。
しかし、ちおちゃん彼氏出来てもまったくブレることなく最後まで変わらなかったなぁ~。
色々と詰め込んだ感じはあったものの、最終話ではちおちゃんタイプの新入生が登場し、先輩になった彼女たちとのやりとりがあって終了。
こういったマンガには明るいエンディングの方がよく似合うので、これでよかったんじゃないかな?
何にせよ、楽しませてもらいました。
ちなみにこのカバー、本編を読んだ後に改めて見返すと、なるほど!と唸らされます。最後までやってくれますね!
ajt555 (2)


続いて、「衛宮さんちの今日のごはん」③巻。

未読。
実は出てることに気付きませんでした・・・。だって、どの巻もカバーがみんな似てるんだもの。人が悪いなぁ~。
ただ、士郎が料理してそれをみんなで食べるというそれだけな内容ですが、絵のタッチが柔らかくてほっこりした印象。アニメでもそのへんはもちろんのこと、料理の描写やキャラの動きがかなり作り込まれて驚き。BD買う価値は充分にありますね。
お馴染みの凛や他のサーヴァントたちがみんなそれぞれいい味出してます。
すっかり陽気なあんちゃんになってるランサーが個人的には一番好きだったり。
ajt555 (3)

「ゆるキャン」7巻。

未読。
アニメ終了後初となる新刊ですが、レヴューでは今作も相変わらずのゆるさ溢れる内容のようでひと安心。
そして先日、アニメ第二期制作決定のニュースが飛び込んできましたね!
また志摩リンに会えるゼ!
ajs438.jpg

ここからはニューエントリー作品。

「はるかなレシーブ!」

夏アニメとして放送され、毎週観てましたが、思った以上の面白さだったので原作購入です。
①巻から③巻まで買いましたが、①巻の冒頭以外未読・・・。

昨今の作品としては珍しくなくなった男を徹底的に排除した作風。
いや、女子高生のビーチバレーの大会とか男が見に来ないわけないですが、そんな下卑た私のようなオッサンの視線も完全シャットアウト。
コメディー要素もありつつ、基本的にはスポ根モノ。
そして、スポ根ものはどうしても暑苦しい演出になりがちなものが多い。
キャラを全員女の子にしたのが功を奏してか、スポ根もの特有の汗臭さや過度の熱血成分がなくなり(いや、これはこれで必要な要素ではあるけれどね・・・)、爽やかな柑橘系の香り漂う爽快な作品に仕上がっていて清々しい気分で観れました。
原作も絵が非常に丁寧で好感持てます。
ajt555 (1)


ニューエントリーその2は「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」。

①②巻同時購入。未読。
Fateシリーズの新たな派生作品。
(というか派生作品生み出し過ぎじゃねw)
ロード・エルメロイⅡ世ってあれだよな、Fate/Zeroに出て来たウェイバー君だよね??
あの時はまだカワイイ感じだったのに・・・。いやぁ、すっかり男前になっちゃってw
これもそのうちアニメ化するのだろうかw ちなみに原作小説は未読ですw
ajt555 (4)


ニューエントリーその3は「吸血姫美夕 朔」①巻。

まさかあの美夕が帰って来るとは!!
もうそれだけで嬉しくて買ってしまいましたヨ。
OVA発売は1988年からなので、若い子たちは知らないだろうな~。
アニメはそれからさらに10年近く経った1997年くらいだろうか。実は観てましたw
当時、他のアニメではけっこう派手で積極的なヒロインが多かったんですが、美夕は控えめで大人しく、 清楚だけど芯が強いイメージで逆に異彩を放っていたな~と(作品自体が女性向けではあったけど)。
妖しく、耽美で、時に切なく、時に残酷、時に美しく、時に優しく、時に悲しく、時に微笑ましい、そんな作品なわけですが、まぁわかりやく言ってしまえば、現在巷に溢れかえっている吸血鬼を扱ったマンガやアニメの先駆けとなった作品なんだな。

アニメ版のキャストは・・・

美夕(長沢美樹)、ラヴァ(三木眞一郎)、死無(かないみか)、冷羽(緒方恵美)。
その他、全話通しての登場人物は大塚明夫、堀川亮、関智一、置鮎龍太郎、白鳥由里、千葉繁、菊池正美といった90年代のアニメを観て育った私としてはたまらないキャストだったりする。
ちなみにOPの語りは岸田今日子だった。これも凄い。

暴走しちゃったけど、現代に蘇った美夕は今後どうなるのかしら。長く読める作品だといいな~。
ajt555 (5)


そして、ラストは「毒贄クッキング」②巻。
こちらは①巻紹介し損ねたので改めて。

エルフっていうのは古くからファンタジー系のアニメやゲームに登場しては、色白エルフはお淑やかでも芯が強く、褐色エルフは男勝りで言葉遣いも乱暴だけど可愛いところもありってのが定番で人気を博したものだったが・・・
最近は痩せられないエルフが出て来る作品もあるが・・・残念なエルフってのがイイのかw
しかし・・・足が臭いエルフって、いくら何でも可哀想だろとw でも、なんかこの作品好きですw
ajt67508.jpg

今後は「放課後ていぼう日誌」「まったく最近の探偵ときたら」「うちのメイドがウザすぎる!」は年内発売か?

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2018年10月14日 18:33

放課後ていぼう日記も期待してるんですが、メイドラゴン・・・・気長に待ちます( ´Д`)

実は密かに「桐谷さん ちょっ それ食うんすか?」にガツンとハマりまして全巻揃えました。
内容が作者の経験準拠だから純粋に面白いってのもありますが、ヒロインの女子高生である事がもはやなんの優位性にもならないブッ飛んだ根性(褒め言葉)がステキです(´・ω・`)

No title

2018年10月16日 00:30

衛宮さんちの今日のごはん、アニメ最終話見逃してしまったんです。
ニコ生TS予約していたにも関わらず視聴期間経過……
悲劇的な原作があってこそですが本作品での平和な世界になぜか泣けてしまうんですよ。

吸血姫美夕懐かし!
男性声優の大半の方は現在でもまだまだ一線級ですね。

No title

2018年10月29日 02:31

シープネスさん、どもども!

>「桐谷さん ちょっ それ食うんすか?」
ほほう、そんな作品が・・・?
ではそのうち私も買ってみようじゃないですか。

>ヒロインの女子高生である事がもはやなんの優位性にもならない
ここが実は意外と重要だったりします!
だって、フツーのおねいさんでは萌えないですからw

No title

2018年10月29日 02:33

YMNさん、どもども!

実は私めも全話観てないのです・・・。
あらゆるこのシリーズの中でもプリズマ★イリヤ級の異色作ですよねw
本編知らない人が観たら完全にグルメ系作品にしか見えないのでしょうね・・・。
キャスターがしっかり奥さんしている姿が実に印象的でした。