TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

メタリズムXⅥ

2017年 05月22日 02:06 (月)

ネタに困ると登場するこのコーナー。
けっこうお年を召された方には馴染み深いバンドから、私好みのメタル・サウンドまで、今回もあれこれ紹介していきとうございます。
さて、まずは白蛇から!


ホワイトスネイク「カム・アンド・ゲット・イット」(1981年)

ディープ・パープル解散後(1984年に再結成)の1976年に、ディヴィッド・カヴァーデイルのソロ活動を中心に形成されていったハード・ロックバンドの6thアルバム。
オリジナル・メンバーが揃った最後の作品であり、初期ホワイトスネイクの集大成的なアルバムであり、傑作と呼ぶ者も多い。
ソウルやブルースを基調としたロックがメインで、後の彼らが見せることになる一般的なロック・サウンドとは趣が異なっている。
しかし、彼ららしい王道ともいえるハード・ロックあり、ポップでキャッチーな上質なロックンロールあり、深みを感じさせる渋い楽曲ありと聴きどころは実に多く、大変優れたアルバムとなっている。また、後の作品への片鱗も見え隠れする橋渡し的なアルバムとも言えるだろうか?
aef6697079445 (6)


ローディ「ジ・アロカリプス」(2007年)

日本盤タイトルは「ハードロック黙示録」。
フィンランド出身のハード・ロックバンドの国内1stアルバム。
モンスターの特殊メイクにコスチュームに身を包んだ異形の姿は、見た目の奇抜さではKISSや聖飢魔Ⅱ以上の存在感。
テレビレポーターが中継先でモンスターに襲われるドラマのようなイントロから始まる本編は、彼らの見た目とは裏腹に、実にキャッチーでわかりやすい80年代テイスト漂う王道のハード・ロックサウンド。
各楽曲のクオリティーが恐ろしいほど高く、演奏技術もハンパではない。ボーカルのダミ声は好き嫌いの分かれるところだが、それがまたこのサウンドに実に上手くハマっている。
こういったバンドは、その見た目ばかりが先行しがちだが、実力はそんじょそこらのバンドを軽く凌駕していることは間違いない。
aef6697079445 (3)


クレイドル・オブ・フィルス「ダムネイション・アンド・ア・デイ」(2003年)

以前紹介したフィンランド出身のシンフォニック・ブラック・メタルバンドの5thアルバム。
天から追放された堕天使ルシファーを題材にした全17曲77分を四部構成にして送る超大作。
本物のフルオーケストラに合唱団との共演は、冒頭のインストから幻想的に世界に引きずり込まれる。
その後展開されるのは、重厚でドラマチックかつ暴虐的なメタル・サウンドとダニ・フィルスの表現力に溢れながらもどこかタガが外れたようなキチガイじみたボーカルが乗る。これぞクレイドル・オブ・フィルスと呼ぶに相応しい狂気と悪意に満ちたアルバムであり、ブラック・メタルにおける名盤でもあり、この上ない芸術作品である。
ael66696666666 (5)

ローディ「ロックンロール・ハレルヤ」



クレイドル・オブ・フィルス「ザ・プロミス・オブ・フィーバー」

オーバーテイク

2017年 05月21日 11:24 (日)

マウスフィンキャットが、どうやら先代を超えたようです。
aeq2222222 (2)

こちらが故・初代の個体
ael92013051210513237a (1)

どう考えても追い越してますね。
aeq2222222 (11)

ちょっとわかりづらい??
体格も全長も明らかに上回ってます。
aeq2222222 (9)

初代
ael92013051210513237a (3)

この比較の方がわかりやすいです。現在20cmになったかな?というサイズです。
彼らのMAXサイズが20cm~25cmということなので、この勢いなら最大サイズまで到達する可能性は充分あります。
aeq2222222 (6)

少し前まで、頭がちょこっと出てる程度だったのが、比較的短期間で成長してくれたようです。
aem88888888 (2)

対してこちらは・・・。
aem88888888 (4)

うん、順調にデカくなってますね。
aem88888888 (3)

ただ今15cmほど?
マウスフィンキャットと同じ程度にはなるものと思われるので、彼にもぜひMAXまで育ってもらいたいですね!
aem88888888 (5)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

どうでも委員会

2017年 05月19日 19:20 (金)

どもどもども!

この一週間、SPEED★KINGは思うように更新できませんでした。
就活もあるので、仕方ないのれす。今日も今日とて気になる求人を見付けたので会社の場所確認に行ったわけですが、これがまた思った以上の田舎で、家から遠すぎるという結果に・・・。
周囲には見事に山と川とわずかな民家しかないという秘境(失礼)でしたわ。
唯一の収穫は、魚を採集できそうなポイントがたくさん見付かったというくらいかね。アクアリスト的には大収穫とも言えるが・・・。

それ以外の日は、まぁ行先が見付からず家にもいられないということで(多分、多くの再就活人は同じような生活だと思うが)、ネットカフェに隠れてました。
aej8880808088 (5)

上記の金額どおりそう高くないので、未視聴だった小林さんちのメイドラゴンをまとめて観たり。
aej8880808088 (8)

PCよりも大画面で観る才川のアヘ顔w
aej8880808088 (7)

そんないたたまれない一週間を過ごしたSPEED★KINGですが、いたたまれないついでにもうひとつ。
せっかくなので、これも観てしまえとばかりに調子づいて、家に録画してあるにもかかわらずネットカフェで観てしまったアニメ「フレームアームズガール」。
(絵はキャプ画の拾いですが)これがなかなかに面白いです。
FAガールズ以外の登場人物・・・つまり人間はほぼ源内あお一人w
a080b141-s.jpg

そんな中、あお以外のほぼ唯一の登場人物。あおちゃんもおバカで実にいいのですが、私、個人的に物凄く気に入ったのが、寿武希子。名前がコトブキヤまんまですがw
afaed271-s.jpg

かなり重度のオタクで、いい感じに気持ち悪くてウザイ喋り方するとこなんか最高ですよ。
こういう子、どこかにいないかな~。
6.jpg

やっぱり私はちょっと変わってる方が好きなようですw

と、リクライニングシートにもたれながらあらためて自分の性癖に気付かされたのでしたw

大将の帰還

2017年 05月18日 18:31 (木)

水温上昇による不調により犠牲者数名出しました参事からおよそ一週間。
すっかり元気になった金魚&錦鯉。
aek88080895444 (2)

あんまり水槽いじらないでおいといたので、まぁ~ビックリするくらい汚れてましたわ;
陽が当たる時期になってきた影響もあり、底面にもコケが・・・。
aek88080895444 (4)

水作エイトも地獄絵図。こいつぁ~掃除せねばなるまいよ・・・。
aek88080895444 (3)

おい水作エイト、テメエピカピカにしてやるからよ。見とけコノヤロー!(アウトレイジ風)
aek88080895444 (5)

この水槽のこの記事を書き始めてから何度目になるだろうかこのシーン。
まるでごくせんの如く、偉大なるワンパターンである。
aek88080895444 (6)

何せこのコケだからね。ワンパターンだろうとハッピーターンだろうと、やらないワケにはいかないのだ。
aek88080895444 (9)

一番手前だけ水の色がえらいことになってますが、これは水作エイトを洗った後の水ですから。
飼育水がこの色では全員死んでらぁ!
aek88080895444 (7)

ヒャッハー!おい見ろよ。水作エイトピカピカになっちまったぜ!
aek88080895444 (10)

そんなわけで水槽は見事かつての輝きを取り戻したのだが、これで終わりではない。
いや、むしろここからが本番なのだ!
aek88080895444 (18)

そう、大将の帰還である。
aek88080895444 (16)

肌荒れ→隔離→薬浴から一週間。再発もなく、餌もバクバクと大変よくお食べになる。
aek88080895444 (17)

念のための水合わせを経て、水槽に帰還。
病み上がりっぽいダメージなんてカケラもなく、非常に元気である。
aek88080895444 (21)

帰還後、真っ先に向ったのはねぐらだったw
aek88080895444 (22)

またしても生命の危機に直面したわけだが、お前また生き残ったな・・・。
aek88080895444 (20)

テーマ : 金魚飼育
ジャンル : ペット

アロワナ・フェイス

2017年 05月17日 17:47 (水)

ある日の彼ら。

異色の組み合わせ!
aei5559595955 (2)

モグルンダとマウンテンスパイニーがおんなじシェルターに収まってます。
仲良く並んでますが、これ決して仲が良いわけではなく、実は両者とも互いを追い出そうとしてるんですよね。
ふふふ、平和だと思ったら大間違いだぜ。
aei5559595955 (1)

そんなアジア産、オーストラリア産、南米産、アフリカ産と実にカオスなこの水槽。
そこへとうとうSPEED★KING、アロワナベビーをお迎えしました!!
どうです?小さいですが、なかなか堂々としてるでしょっ?!・・・・・・・・・・・・・・・・
aei5559595955 (7)

・・・・・・・・・・・・・・・・ごめんなさい、ウソです(謝)。
アポロシャークの正面顔でしたw
頭の形とか広げた胸ビレの形とか、実にアロワナによく似ていたもので・・・ほんの出来心でつい嘘をw
aei5559595955 (3)

コイツって、よーく見ると(見えづらい写真で申し訳ない!)コイ科の仲間らしいヒゲがしっかりあるんですよね。
でも、生え方が妙にナマズっぽいですw
aei5559595955 (5)

体色がほんのり緑がかってきました。
最近はカーニバルなんかも積極的に食うので体型も以前よりガッチリ。
aei5559595955 (8)

こいつも未来の90cm入り候補。
この調子でズンドコ成長してもらいたいものです。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット