TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

成長のレース

2017年 07月18日 01:27 (火)

成長のスピードが緩やかになってきていたので、最近あまりネタにしないモグルンダ。
ある方から「こんなに大きかったっけ?」というコメントを頂いたので、近況報告などしてみようかと。
adx33332 (1)

このところのモグルンダときたら、水面に浮かんだクリルやカーニバルをかなり獰猛な動作でバクバクと平らげ、冷凍赤虫も丸ごとくわえる始末。けっこうデカイ口開けるので入っちゃうのよ。
adx33332 (2)

サイズですが、気付いたらいつの間にかレオクテの全長を超えてました。
デカくなりすぎだろ・・・。
スパイニーの長さを除外すると、すでにこの水槽の中で一番大きな魚になっていた;
じわじわデカくなってることにまったく気付かなかったw どうやらレオクテとの成長のレースは楽勝だったらしい。
MAXで15cmというが、果たして水槽内でどこまで成長するものなのだろうか?こいつぁぜひとも挑戦してみたいね~!
adx33332 (3)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

苦痛の大将

2017年 07月17日 02:00 (月)

タイトルだけを読むと「大将、病気になったのか?」とお思いになることでしょう。
adv6666066 (2)

いやいや、違いますw 大将は今日も元気です。

ただ、見ておわかりのとおり、40cm水槽ベアタンク、水作エイト1個、マドジョウ1匹。これだけの材料から記事を書くこと数回、そろそろ書くべきことも尽きて苦しくなってきたということです。大将がではなく私の方ですねw
しかし、出来る限り登場させたいということで、またしても悪あがきですww
adv6666066 (4)

透明度も増して、安定した環境に突入。水換えの手間もよりかからなくなりました。
今回からとうとう灯油用ポンプの動きにさえ動じなくなった大将。
adv6666066 (3)

この水槽の隣にはウーパールパーの特大プラケがあるわけですが・・・・
adv6666066 (6)

言っときますけど手抜きしないで同時進行でちゃんとやってますからね!
ドジョウばかりだけど誤解しないでね!
adv6666066 (5)

大将に何か変化を与えたいなと考え、園芸用品&アクアリウムグッズ収納用衣裳ケースを物色中。
adv6666066 (7)

コイツだっ!! 以前ナマズ水槽に入れていたシェルターです。
開口部が広いから中も簡単に歯ブラシでゴシゴシできるし、コケも簡単に落ちるし。
adv6666066 (8)

イイ感じですね。
何がイイのかハッキリ言えませんが、もろ人工物なんで、ベアタンクでもしっくり来るじゃないですか??
adv6666066 (9)

全長は大将の半分以下しかありませんが、そこはあまり気にしないでいこう。
adv6666066 (10)

入ろうかどうしようか考え中の大将。
adv6666066 (11)

しばらくシェルター付近をぐるぐる動き回った後・・・・
adv6666066 (12)

どうやら入ることにしたようです。
adv6666066 (13)

そして、翌日。
すっかり気に入ってくれたようです。
ady777775 (1)

それでいて入りっぱなしにならないところが大将のいいところです。
ady777775 (2)
※ここから出入りするお客さん(知り合いetc)たちに大将は意外と人気者。
初めて見る人は、「最近のドジョウは小さいのばかり。コイツはデカイね~!」と、年配の方はけっこう驚きますw

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

スリー・アフリカンズ

2017年 07月16日 15:50 (日)

あっついねぇ・・・。
今日はさすがに昼間からアイス食ってます。
どこにも行きたくないし、何もしたくない。あ、水換えは別ですよ、もちろん!

実は、やっちまってね。
うん?まぁ、流木をよ~く見たら憎きクロヒゲヤローが生えてやがったんです。
幸い流木は擦れば表面の皮ごと削れるので、水槽の中であらかた落としたわけですが、これが失敗w
クロヒゲだけでなく、流木のカスがいっぱい水槽内を漂うという最悪の結果に。
でもいいさ。この程度の砂の量、毎回洗ったってそう時間は取らない。SPEED★KINGは後悔しないのだ。ついでに学習もしないけど・・・;
adz666666609 (2)

そ・れ・で!
一週間ですよ一週間。ヤローどこ行ったんだヨ。
adz666666609 (1)

って、いたっ!!
adz666666609 (3)

アフリカンスポッテッドキャット、アフリカンマウスフィンキャットに続き、アフリカンの名を冠するアフリカンビッグアイキャット。
スリー・アフリカンズの完成である。

モグルンダさんとレモラさんと比較すると目の巨大さハンパねーです・・・。
adz666666609 (4)

導入時に凹んでいたお腹はたらふく食ったおかげですっかり元通りになり、一切の争いも起こさず早い段階で環境に適応できたようです。さすが暗黒大陸アフリカ出身。タフですね。

モグルンダとのツーショットなんてこの水槽でしか見れないよ~!
adz666666609 (5)

他のナマズ同様に素早く泳ぐことも出来ますが、眺めているとコイツ、胸鰭をパタパタと器用に動かしてまるで底面を歩くように移動するんですよ。なかなか面白いです。
adz666666609 (6)

もっと普段からビュンビュン動き回ってあちこちぶつかるようなキャラを想像していたんですが、どうやら正反対のようです。
中には気が荒い個体もいるようですが、彼に関しては今のところ温厚で飼育しやすい。
adz666666609 (7)
これからどんな一面を見せてくれるのか、楽しみDEATH!!

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

砂の雨

2017年 07月15日 02:34 (土)

アフリカンスポッテッドでかっ!!
いつの間にこんなに大きくなったのか・・・って、私が記事にしてないだけでした;
adw222222 (2)

今週は、けっこうな量の残飯を出してしまった90cm水槽。
低層の連中にとって底床の汚れは禁物です。よって、今回はいつも違うメンテを敢行いたしました!
adw222222 (3)

それは、底床徹底洗浄。いわゆる小豆洗い的な例のアレ!
adw222222 (8)

突然ピカピカのベアタンクと化してしまった水槽に、ナマズ連中も戸惑い気味??
ちょうどいい位置にいてくれたのでさっそく撮影。
上から二番目の写真の右下の方に写ってるのでサイズ感は大体おわかりいただけるかと思いますが・・・・
adw222222 (4)

マジでデカくなったなお前!!!
もうこれMAXサイズに届いたんじゃないか???
adw222222 (6)

よくここまで成長してくれたと、満足げに頷きながら綺麗に洗った砂を元に戻します。
この様子はさながら砂の雨が降っているかのようで、なかなか好きなんですよね。
adw222222 (9)

と、ここでオルナティさんが登場!
なんか、彼けっこう久々じゃないの?! ちょうどイイ角度で写ってるな。ピンと張った背びれがカッコイイぜよ。
adw222222 (7)

突然の砂の雨が彼らの頭上に降り注いでパニック気味にもなりましたけど、何とか終了!!
時間がある時にやっておかないと、後々大変なんだよね、こういうことって。
adw222222 (10)

メンテ云々というより、マウスフィンキャットのサイズ確認の記事になってしまったな。
でも、これでいいんです!俺はいい加減な男だぜ?

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

⑥&②

2017年 07月14日 17:28 (金)

今日の午前中(記事の順番が入れ替わってます。これ、昨日の大雨のことね!)、本当によく降りましたね・・・。
就活で悩み、夜もロクに眠れず、朝4時くらいにようやくウトウトし始めたばかりだというのに、5時にいきなりケータイが鳴る。
相手は友人の娘の母親。つまり私の友人の妻である。
「雨凄い。あの子今日自転車だめ。学校いい?」
お前は中国人か?と突っ込みたくなるが、要するに「雨が物凄くて自転車ではとても出掛けられないので、娘を学校まで送って行ってほしい」という。
何かあったら頼むと仰せつかってはいるがね、親父よ、早いとこ赴任先から帰って来い!!いい歳してパシリなんてゴメンだぜ。

しかし、マジで降ったな。一台前の車が見えないほどの大雨だった。
午前中で学校が終わりらしく、昼過ぎに友人の娘から再度電話があり、帰りも来て欲しいという。まったく、赤の他人なんだぜ俺は?
保護者代理とはいえ何の血縁関係もない私が校門付近でウロつくには色々と都合が悪いのだよ。
到着した時間も早すぎたので書店へ。

出てましたよ~
adu66666665 (15)

「小林さんちのメイドラゴン」⑥巻
「小林さんちのメイドラゴン カンナの日常」②巻
adu66666665 (10)

作者曰く、よくやく土台が完成したそう。これから各キャラをどんどん動かしていきたいとのこと。
今後新キャラも登場するのでしょうか?ますます楽しみです。
「カンナの~」は①巻がけっこう売れたようだね。最近読んだばかりのような気もするけど、もう②巻か。
エルマが主人公のスピンオフま始まるそうで、そっちも楽しみだね。

「ハエッ?!何ひとりで本屋行ってんの?!」(友人の娘 以下:娘)
「時間余ったから、ちょっとね」
「いやいや余った余らないとかじゃなくて普通私来てからでしょ」(娘)
と、半ギレである。
「ああ、わかったわかった。じゃあもう一回行けばいいじゃん」
「エ?何で流すの?何かさ、小父さん最近ヘンだよね?」(娘)
この子は両親の前とごくごく限られた人間の前でしかこういう顔は見せないらしい。心を開いてくれているってわけか。
トゲのある態度も遠慮のない口調も、どこか嬉しく感じてしまう自分がちょっと嫌である;

同じ店にまた入るのも何なので、応募を予定している会社の位置確認も兼ねて別の書店へ。

「ねぇ、「八十亀ちゃんかんさつにっき」って面白いんだって」
(はい。面白いです。私既に読んでます;)
adq22209944 (1)

結局、この2冊とラノベ2冊とアイスクリーム買わされることになりましたけどね・・・。
俺だってカネはないんだけどな・・・。まだまだ甘いね、俺も。
adq22209944 (2)

アイツ、俺に買ってもらったって(母親に)言ってないだろうな。